サッカー部 活動ニュース 2018年度

全国高校サッカー選手権大会神奈川県予選1次予選の日程が決定しました。


平成30年度 全国高校サッカー選手権大会神奈川県予選1次予選の日程が決定しました。
対戦相手高校は関東学院高校です。
昨年のU-18リーグでは1-5という大敗を喫している相手ですが、悔いの残ることのないようチャレンジしてきます。
応援よろしくお願いいたします。

1回戦:7月14日(土)
対戦相手   関東学院高校
キックオフ  12:50
場  所   磯子工業高校 

2回戦:7月16日(月)
キックオフ  9:30
場  所   城山高校

3回戦:7月22日(日)
キックオフ  9:30
場  所   城山高校

4回戦:7月24日(火)
キックオフ  11:10
場  所   浅野高校

※詳細は神奈川県サッカー協会HPをご参照ください。
(まだ掲載されていない場合があります。また降雨等で変更になる場合がございますのでご確認ください)

6月の活動実績を報告いたします。


○公式戦
・U―18K4グループZ
 第1節
対 瀬谷西高校  0-0(0-0・0-0)
第2節
対 元石川高校  0-9(0-3・0-6)
※詳細は部活動ニュースにて

○練習試合
・高校
高津高校
・Jrユース
横浜FC鶴見
 ・中学
  京町中学  臨港中学

○合同自主勉強会
 ・現在毎週火曜日の朝と定期テスト1週間前の朝に行っています。

○その他
 ・川崎地区U-16第1次選考会(2名参加)
  ※詳細は部活動ニュースにて
 ・4級審判講習会受講

川崎市U-16トレセン選考会に2名が参加

リーグ戦第2節と同日の6月24日(日)、1年生2人(FW/DF)が川崎市U-16トレセン選考会に参加しました。
2人は現在チームの中軸として試合に出場していますが、各校の次代の主力となる選手が集まるので選考会を優先しました。しかし残念ながら次回の選考会に進むことができませんでした。
今年度は、第1回目から桐光学園の生徒も参加していたので、その選手達の迫力をしっかり感じ取ることができたと思います。この経験を自分自身そしてチームにしっかりと還元してもらいたいです。

U-18リーグ第2節

6月24日(日)U-18リーグ第2節対元石川高校戦(場所:荏田高校)を行いました。

第2節の対戦は、平沼・市立川崎を下して2連勝している元石川高校と対戦しました。前節、自分達の試合前に見学できる時間があったのですが、パスワークとミドルシュートがとても素晴らしいチームでした。今回そのチームにどこまで自分達のサッカーができるかの挑戦でした。

前半2分にゴール前の混戦からGKと1対1になりましたが、決めきることができませんでした。それでも給水前までの時間は、集中力も高く、パスコースを消しながら奪ってカウンターを仕掛ける自分達の狙い通りのサッカーができていました。しかしそこは強豪チーム。私達のカウンターのボールを奪うと一瞬の隙を突き、左サイドへスルーパスを通し、センタリングをダイレクトで決められてしまいました。集中していた分そのショックが大きく、その動揺から立て直すことができないまま立て続けに2失点を喫してしまいました。ハーフタイムで一旦は落ち着きを取り戻し、4点目を決められるまでは集中できていましたし、自分達にもチャンスはありました。しかし、最終的には0対9で敗戦してしまいました。

大量失点しても諦めずにプレーするのは大人であっても難しいことです。では、大量失点しないためには何が必要なのか。1点の重みを実感するにはどうしたらよいのか。サッカーは人生の縮図、大袈裟に言えば人生そのもののような局面に数多く遭遇します。
デュエルやインテンシティという言葉は、身体的な面ばかりではなく精神的な面が整わなければ、成り立たないと思っています。その強さを求めて現在奮闘しています。

※次節は選手権予選が終わってからの再開で、7月29日(日)に港北高校と対戦します。16時20分キックオフで会場は市立川崎高校です。
日程は部活動ニュースまたは、神奈川県サッカー協会HPをご覧ください。
応援に来てくださる保護者の方が増えています。ありがとうございます。

2節ー1.png 2節-2.png 2節ー3.png

半歩前進

U-18リーグが開幕しました。

6月17日(日)U-18リーグ第1節 対瀬谷西高校戦(場所:市立川崎高校)を行いました。
「 新聞やHPでは結果しか載りません。そういう意味では結果が全てです。でも今日の試合で選手達は練習試合では経験できない色々な事を学べたはずです。そしてそれを今後に活かせるかどうか、それが本当の意味で、今日の経験を活かし学んだと言えるようになるのです。
県立川崎は次の一歩に進んでいます。 」
これは、インターハイ予選後の部活動ニュースの文面です。
結果は0-0引分でした。新聞にもホームページにもこの結果が載ります。但し、次の一歩のために、1か月半努力した事がどれだけ自分達に返ってくるかということはしっかり理解できたと思います。半歩前進!!(道のりは険しければ険しいほど、やりがいがあると信じて)です。

今、サッカー部では、“ポジティブ・シンキング”への意識改革を行っています。

U-18①-1.pngU-18①-2.pngU-18①-3.png

K4グループZの日程が決定しました。


今年度U-18リーグ K4グループZの日程が決定しました。
昨年度は残念ながら1勝もできなかったU-18リーグ。今年度は先ず初戦に今持っている力を全て出し切れるよう頑張ります。

応援よろしくお願いいたします。

日程はこちら

新加入 顧問紹介①


今年度、新たに県立川崎高校サッカー部に加わった顧問を紹介します。

永野 哲平 先生です
永野 写真.jpg
1991年8月25日生まれ

神奈川県 横浜市出身
小・中学校
バディーサッカークラブ
高校
弥栄高校(1年次の名称は弥栄西高校)
大学
東海大学 体育学部
今年度より、新採用にて県立川崎高校に赴任
(非常勤として、愛川高校・相模田名高校でもサッカー部の顧問をしていました。)
現在
神奈川教員サッカークラブでMFとしてプレーしている現役バリバリ選手です。

永野先生より一言
こんにちは。県立川崎高校サッカー部を強くするためにやってきました!
自分も現役でプレーしているので一緒に練習に参加しながら、選手と共に高め合っていけたらと思います。
是非、県立川崎高校で一緒に高いレベル目指して頑張りましょう!!

4・5月の活動実績を報告いたします。(春季休業中を含む)

 ○公式戦
・インターハイ神奈川県予選2回戦
対 横浜清陵高校 0-2(0-1・0-1)
※詳細は部活動ニュースにて

○練習試合
・高校
三浦学園・新城・県商工・逗子・関東六浦高校・横浜隼人・横浜学園・川崎北・
平沼・鶴見総合・大師
・Jrユース
リーベルプント・カズ・SCD・エクシット
 ・中学
  大師・みたけ台・京町・鶴見

○AED使用実践
 ※詳細は部活動ニュースにて

○自主勉強会

○地域清掃

ある日の風景(当たり前になりました)

 インターハイ予選での一コマです。 マネージャーが撮影していました。練習試合を含め、県立川崎高校サッカー部もこれが当たり前になりました。細かい点ではまだまだ修正しなくてはいけない所は沢山ありますが、こういった点は部活の良い点だと思っています。
(こうなると、遠征バッグも揃えたくなります)

006カバン.png

5月4日(日)この悔しさを次に繋げられるかは、たった今から始まっている!!

 今年度最初の公式戦、インターハイ2回戦、横浜清陵高校と対戦しました。前日の雨が上がり、グランドもほぼ問題なく試合が行える状況でした。先ず、ホームグランドの清綾の皆さんに感謝します。
 相手は関東大会2次予選に進出している強豪。一方県立川崎は先発メンバーに1年生が3人、2年生6人、3年生2人とフレッシュなチーム。アップの時点から緊張が伝わってくる中、皆普段通りの試合ができるよう深呼吸したり声を掛け合ったり、立ち上がりがスムースに行くように努めながら、ジャスト9時30分キックオフ。
ほとんどの選手が固くなっているのは否めないが、集中力は途切れることなく20分経過しても一進一退の攻防が続く。しかし右サイドからドリブルに対応できず、切り込まれて左足からのシュートで先制点を許してしまう。その後清綾ペースで試合は進んだが、選手達の集中力は途切れることなく、前半を0対1で折り返す。
 ハーフタイムでは自分達が2次予選進出チームに互角に闘えてることに自信を持って後半も集中力を切らさず闘うことを確認する。
 すると後半は、スタートから県立川崎ペースに。決定的とまでは行かないものの何度もチャンスを迎える。しかし相手の気持ちも途切れない。給水を挟んで県立川崎は更に攻勢をかけるがどうしてもゴールを割ることができない。
 アディショナルタイムとなり、一瞬の隙を突かれ追加点を奪われてしまい万事休す。
 0対2での敗戦となりました。
 新聞やHPでは結果しか載りません。そういう意味では結果が全てです。でも今日の試合で選手達は練習試合では経験できない色々な事を学べたはずです。そしてそれを今後に活かせるかどうか、それが本当の意味で、   今日の経験を活かし学んだと言えるようになるのです。
県立川崎は次の一歩に進んでいます。
2.png3.png

5月14・15日(土・日) 部活一丸となって県立川崎を盛り上げる

  練習試合の合間を利用して、14日は女子、15日は男子バスケットボール部の応援をしました。
 男子は見事日大に勝利し、ブロック決勝に進出しました。
 (応援の成果もあった、と信じています)
 お互いをリスペクトし、皆で県立川崎を盛り上げる。今後も様々な部活と連携を取りながら、一つ一つの活動は、全て自分達の未来に繋がると信じで続けていきます。
4 バスケ応援.png

4月30日(日)いつか自分たちも、この地で公式戦を!!

 今日は、関東大会準々決勝戦2試合を等々力競技場で観戦しました。県内トップレベルの試合は、現時点では学ぶ事ばかりでしたが、川崎に在籍する立場として、是非とも等々力のピッチでプレーしたいという気持ちが沸々と湧き上がってきました。
 勝利した東海大相模高校の監督と三浦学園高校の総監督は本校監督の同級生。両チームとも練習試合をしていただいております。本大会出場に向け頑張ってほしいです。

サッカー部・硬式野球部

4月27日(金)野球部・サッカー部合同で「AEDの使用実践」開催

 本日、多目的教室1を利用し、野球部・サッカー部合同で「AED」の使用方法についての実践を行いました。
 本校では、保健体育の授業でも実技講習があり、何度も実践を行うことで、学校内外においても役立つことができるようにと、皆真剣に取り組んでいました。
(実際に使用する場面のないことが一番の願いです)

a.jpgb.jpgc.jpg